漢詩が出来たら 吟味推敲 が必要らしい
吟味推敲の読み方知りませんでした
ぎんみすいこう と読むらしい

詩文の字句や文章を十分に吟味して練りなおすこと
の事 まぁ初心者からするともし発表しないといけない漢詩は
その御大に吟味推敲してもらえば、きっと1文字くらい残るかな
位に吟味推敲してもらえるとは思いますが
初心者には初心者らしいたどたどしさも魅力と思います

自分で納得しない時は新しい詩語に入れ替えて悩むのが
本来の吟味推敲なのですが

自分が最初に選んだ詩語をパズルして入れ替えてみるのも良いかも

で一番簡単なこと

起句と結句   平仄の法則、韻は同じなんですね
自分は川柳を長いことやっていたが
出来たらとりあえず 5 7 5 の5の部分を入れ替えて一考してみます
川柳の場合は入れ替えた方が良くなることは良くあること

漢詩は結句には結の意味、起句には起の意味があるので
入れ替えた方が良くなる事は滅多に無いですが

まぁ淡々と景色を説明したような漢詩で
何かしっくりこない時 入れ替えてみて

そちらの方が良い感じになる可能性はゼロでは無い(笑)